• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A
コレステロールを下げるためのサイト » 女性とコレステロールの関係 » 知っておきたい!女性のコレステロール数値

知っておきたい!女性のコレステロール数値

こちらのページでは、女性のコレステロール値について解説しています。

女性のコレステロール値について

女性の場合、総コレステロール200mg/dl未満、悪玉コレステロールが120mg/dl未満、善玉コレステロール40mg/dl以上が基準値となっています。ある統計によると、20代、30代の女性のコレステロール値は男性よりも低い傾向にありますが、40代以降になるとコレステロールの値が上昇し、50代以降の女性の平均値は正常値を超えるようになります。
これは、閉経が関係しているためです。女性ホルモン「エストロゲン」にはコレステロール値を下げる働きがあるため、エストロゲンが働いているうちは、正常値を維持できますが、エストロゲンが減少する更年期以降にコレステロール値が上昇しはじめ、閉経後の女性のコレステロール平均値は正常値より高くなるのです。

コレステロール値が上昇すると

日本人間ドック学会では、血清コレステロール値220~259mg/dlの閉経後の女性4000名に対し、5年間追跡調査を行いました。そのうち5年にわたって経過観察できたのは1000名強で、脳疾患を発症したのは1名、心疾患を発症したのも1名でした。

これにより、総コレステロール値が多少高い方で、高血圧症や糖尿病を発症していなければ、特に積極的な治療は必要でないとの結論に達しました。

閉経後の女性の高コレステロール症の治療

女性のコレステロール値異常に対しては、通常の脂質異常症と同じ治療法が行われることが多いのですが、高血圧症や糖尿病の兆候がなければ、特に治療を行う必要はありません。更年期以降にコレステロール値が急に上昇した場合、ホルモン補充療法を行うことにより、コレステロール値が下がることもあります。ただし、閉経後は「NO(一酸化窒素)」という血管を柔軟に保つ成分が減少し、血管がもろくなることも判明しています。そのため、コレステロール値が高く、動脈硬化が進行している場合は、心疾患などにつながる可能性があるため、脂質異常症に対する投薬治療が必要になります。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲