• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A
コレステロールを下げるためのサイト » 女性とコレステロールの関係 » 意外な原因!コレステロール値をあげていたもの

意外な原因!コレステロール値をあげていたもの

こちらのページでは、女性のコレステロール値を上昇させる原因について解説します。

更年期が原因でコレステロールは上昇する

女性ホルモンのエストロゲンには、悪玉コレステロールを肝臓に送り込む受容体を増加させる作用があるため、女性は動脈硬化になりにくいと言われています。しかし、更年期を迎え、エストロゲンの分泌量が減少すると、この受容体の数も減るため、悪玉コレステロールを肝臓に送り込めず、血中に留まるようになります。

そのため、コレステロール値が正常値だった方でも、更年期に入ると悪玉コレステロール値が上昇することがあります。

悪玉コレステロール値が高くとも、高血圧症や糖尿病などの可能性がなければ、特に対処する必要はありませんが、健康維持のためにも、食生活の見直しや有酸素運動などで、コレステロール値を上げないようにすると良いでしょう。

妊娠もコレステロール上昇の原因となる

妊娠中は脂肪が溜まりやすく、コレステロールも増加する傾向にあり、普段よりも2~5割程度、総コレステロール値が増加するとのことです。
これは、妊娠中は胎盤を作り、胎児を育てるためのエネルギーが必要で、そのために脂質を溜めこむからであると考えられています。その他、胎児を育てるためにブドウ糖が必要になるため、母体のブドウ糖を減らさないよう、脂質をエネルギーに変えているとの説もあります。妊娠中は、コレステロールの他にも、血圧や血液の状態に変化が見られますが、産後は元に戻ります。

妊娠中にコレステロールを溜めないための対策

妊娠中にコレステロール値が上昇し過ぎると、脂質異常症になる場合もありますので、コレステロール値が高くなリすぎないように注意しましょう。

また、妊娠中毒症になるとコレステロールが高くなります。そのため、妊娠中毒症と高コレステロールに注意しながら生活習慣を改めていくことが大切です。

コレステロール値を上げないためには、脂肪分を摂り過ぎないようにしてください。また、食物繊維はコレステロールを下げる作用と便通を良くする効果がありますので、便秘になりがちな妊娠中は食物繊維を摂るようにするとよいでしょう。
それから、安定期になったら、医師の指導のもとで軽い運動を行うことをおすすめします。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲