• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A
コレステロールを下げるためのサイト » あの噂は本当?コレステロールQ&A

あの噂は本当?コレステロールQ&A

こちらのページではコレステロールにまつわる疑問とその回答についてまとめています。健康管理のためにもぜひ参考にしてみてください。

コレステロールにまつわる疑問を徹底リサーチ!

普段は気にしていなくても、健康診断の結果を見て、コレステロールに関する噂を思い出したり、疑問に思ったりすることはきっとあるはず。
これから、特に多いコレステロールに関するQ&Aを紹介していきましょう。

Q: コレステロール値が高いと内定を取り消されることがあるのか? 

A:入社時に健康診断を行う会社もあり、この時にコレステロール値が高いことを指摘される方も多いようです。

しかし、単にコレステロール値が高いという理由で内定が取り消されることはありません。というのは病気を理由に採用を取り消したり、解雇することは法律で禁止されているからです。
もし、コレステロール値で異常を指摘されたとしても、適切な治療を受けながら、働き続けることが可能です。

Q:太っていなくてもコレステロールが高いってあるの?

A:「コレステロールが高い人は太っている」というイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。

一般に、悪玉コレステロール値が高い方は、動物性脂肪を多く含む食事を好む傾向はあります。しかし、それほどカロリーを摂取しておらず、痩せているのにコレステロール値が高い人もいます。この場合、遺伝的な要因が考えられます。
遺伝性の脂質異常症の場合、悪玉コレステロールの分解作用が弱いため、動物性脂肪をそれほど摂取していなくてもコレステロールが高くなることがあります。
この場合も、生活習慣病のリスクは高くなるため、薬物治療、食事療法や運動療法が必要です。

Q:卵は本当に高コレステロールの原因なの?

A:卵はタンパク質を豊富に含んでおり、人間の身体を形成するためには重要な食品です。

卵白はコレステロールをほとんど含まず、ビタミンB2が含まれるのみです。卵黄には、ビタミンA、ビタミンB2、鉄、リン、脂質などが含まれており、この卵黄の部分にコレステロールが含まれています。そして、卵黄にはレシチンという脂質が含まれますが、その中に、高血圧や動脈硬化を予防する成分も含まれます。

コレステロール値が高い方は、卵の過剰摂取は避けることをおすすめしますが、全く食べないのではなく、野菜や他の食品をバランスよく組み合わせて摂取するようにしましょう。

Q:肉の代わりに魚を食べていればコレステロールは上がらないのか?

A:サンマ、イワシ、サバなどの青魚はコレステロールを下げるDHAやEPAが含まれているので、積極的に摂りたい食品です。ただし、タラコやいくらなどの魚卵、ウナギはコレステロールを豊富に含むため、食べ過ぎには注意が必要です。

また、肉はコレステロールに悪いと言われていますが、赤身のもも肉、ささみなどはコレステロールが少ないと言われています。また、肉をゆでたり、蒸すなど、調理法を工夫すれば、問題ありません。肉でも魚でも、揚げ物などは、脂肪分が多く含まれるため、避けた方がよいでしょう。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲