• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

DHA・EPA

こちらのページでは、DHAとEPAの効果について解説します。

DHAとEPAの特徴と違い

DHA・EPAイメージ図不飽和脂肪酸であるDHAとEPAは、人間の身体を形成する上で欠かせない成分です。これらの成分は青魚に豊富に含まれています。
DHAは脳神経に届けられ、脳神経の原材料になりますが、EPAは脳まで届けられません。これが、DHAとEPAの大きな違いです。

DHAは脳を活性化する作用があり、記憶力アップやアルツハイマー予防の他に、視力の改善、血液サラサラ効果などが期待できる成分です。

一方、EPAは、血小板凝集を抑制する作用を持っており、血栓予防に効果を発揮します。その他、保湿作用もあるため、美肌効果も期待できます。

この二つの成分の共通点は、血液サラサラ効果により、コレステロールや中性脂肪を減少させることですが、DHAの方がコレステロールを下げる効果が高く、EPAの方が中性脂肪値を下げる効果が高くなっています。

DHAとEPAはサプリメントから摂取することがおすすめ

DHAとEPAは、1日1000㎎の摂取が推奨されています。

毎日青魚を食べることで、DHAとEPAを摂取することができますが、DHAとEPAは脂であるため、調理法によっては、煮汁や油とともに流れてしまい、十分な量を摂取できなくなってしまいます。

また、刺身からもDHAとEPAを摂取することはできますが、まぐろだったら約40切れ、かつおは90切れも食べなければなりません。

毎日これだけの青魚を食べることは難しいでしょう。そのため、DHAやEPAの不足分は、サプリメントで補うことをおすすめします。

おすすめのサプリメント「きなり」

きなりは、DHAとEPAを1日分に500㎎配合したサプリメント。
DHAとEPAが持つ作用をそのまま体内に取り込めるように、クリルオイルを配合しています。また、ナットウキナーゼで相乗効果を高めるなど、サポート成分にも工夫をしています。

口コミ

・老化を防止するために、きなりを飲むことにしました。ナットウキナーゼも身体によいとのことなので、これから身体がどう変わるか楽しみです。もともと魚と納豆は苦手だったので、サプリメントになっているものはありがたいです。
・コレステロール値と中性脂肪値が気になり始めたので飲み始めましたが、少しずつ値が下がってきました。
・中性脂肪値が高いので飲み始めたところです、価格が手ごろで、健康効果が高そうなのでしばらく続けてみようと思います。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲