• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

脂質異常症

こちらのページでは、脂質異常症について解説します。

脂質異常症とは?

脂質異常症とは、コレステロールが血管壁にこびりつき、血管が狭くなることで、血液中のコレステロール値や中性脂肪が高くなることをいいます。コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますが、このうちの悪玉コレステロールが多くなることで発症します。
脂質異常症には自覚症状はほとんどなく、健康診断などで指摘されるケースがほとんどです。しかし、脂質異常症を放置すると、動脈硬化が進行し、命を脅かす病気を引き起こすこともあります。

脂質異常症のタイプ

脂質異常症は、悪玉コレステロールが多い「高LDLコレステロール血症」、善玉コレステロールが低い「低HDLコレステロール血症」、中性脂肪が高い「高トリグリセライド血症」の3つに分けられます。

これらのうち、複数のタイプが重なって脂質異常症を発症することも多くなっています。

血中の悪玉コレステロールが増えると、血管壁にへばりついて、血管が厚くなったり、硬くなったりします。この状態が動脈硬化で、脂質異常症は動脈硬化の原因となるのです。

なお、中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加します。これにより、動脈硬化につながることがあります。
そのため、脂質異常症に気づいたら何らかの対策をしなければなりません。それぞれのタイプごとに治療法が違ってきますが、基本的には食生活の見直しや運動療法で改善を試みます。

その他にも、遺伝による脂質異常症で、生活習慣などとは関係なく引き起こされることもあります。両親が異常脂質症である場合、その子供も脂質異常症になる確率が高くなります。
それから、肝臓疾患、腎臓疾患、糖尿病などが原因で脂質異常症を発症することもありますが、この場合、これらの病気を治療することで改善できます。

「脂質異常症」の診断基準

空腹時の脂質をもとに脂質異常症であるか否かを診断します。
悪玉コレステロールが140mg/dL以上の場合、高LDLコレステロール血症、善玉コレステロールが40mg/dLより低いと低HDLコレステロール血症、トリグリセライドが150mg/dL以上の場合、高トリグリセライド血症と診断されます。 

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲