• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

糖尿病

こちらのページでは、高コレステロールと糖尿病の関係について解説します。

糖尿病とは

血液中にはブドウ糖が含まれ、このブドウ糖はインスリンによって調整されています。血液中のブドウ糖の量を血糖値といいます。健康な方でも、食後は血糖値が高くなりますが、インスリンにより、時間と共に血糖値は正常に戻っていきます。しかし、糖尿病になると、インスリンの働きが悪くなり、ブドウ糖がエネルギーに変換されずに、血液中に滞った状態になります。初期の糖尿病は無症状であることも多く、進行するとともに、のどの渇き、体のだるさ、頻尿、むくみ、目のかすみ、疲労感などを感じるようになります。

糖尿病は大きく2種類に分類できます。1型糖尿病は、遺伝的な要素により発症することが多く、すい臓にあるインスリンを分解する細胞が破壊され、血糖値が上昇することで発症します。

2型糖尿病も遺伝的な要素が関わってきますが、これに過度の飲酒、過食、肥満、運動不足などの生活習慣が加わることで、インスリンの働きが悪くなり、血糖値が上昇します。
日本人には2型糖尿病を発症するケースが多くなっています。

糖尿病が恐ろしいと言われるのは?

糖尿病が進行すると、以下のような合併症を発症することがあります。

1.糖尿病性神経障害:血糖値が高くなることにより、酸素や栄養素が身体の隅々まで行き届かなくなり、神経障害を起こします。手足のしびれなどを感じます。
2.糖尿病性網膜症:ものが二重に見えたり、見えにくくなるなどの症状があらわれます。最悪の場合、失明することもあります。
3.糖尿病腎症:血糖値が高い状態になると、腎機能の働きも悪くなります。老廃物を体外に排出できなくなり、尿中にたんぱくが出たり、むくみが酷くなります。そして、腎不全を起こすこともあります。

糖尿病と高コレステロール

糖尿病を発症するとインスリンの働きが低下し、脂質の代謝が悪くなります。脂質が上手く代謝されないことで、血液中の中性脂肪が増殖してしまい、悪玉コレステロール値が高くなります。
このような状態になると、善玉コレステロールが減り、動脈硬化を発症する確率が高くなります。

また、糖尿病が原因で脂質異常症を併発することも多くなっています。どちらも乱れた生活習慣・不規則な生活が原因ですので、生活習慣を改善することが治療の第一歩となります。
血糖値が高いと指摘された場合、食生活を改善し、適度な運動、禁煙、ストレス解消を心がけましょう。また、病気をきちんと治療することで、コレステロール値の上昇を防ぐことができます。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲