• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

脳梗塞

こちらのページでは、脳梗塞とコレステロールの関係について解説します。

脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の血管が狭くなったために、血液の塊が詰まって血栓となり、血流が滞ることをいいます。

脳梗塞には、脳の血管に血栓ができるタイプ、脳以外の場所にできた血栓が血液により脳まで運ばれるタイプがあります。
脳梗塞を発症すると、ろれつが回らなくなる、左右いずれかの手足のしびれ、麻痺などといった症状があらわれます。血栓ができる場所によっては、半身不随になったり、意識不明になり、そのまま死亡することもある恐ろしい病気です。この血栓はコレステロールが溜まることが原因で発生します。

脳梗塞の治療法

脳梗塞は脳の血管に血栓が詰まることで発症するため、抗血栓療法にて新たな血栓が出来ないようにします。脳のむくみを解消する薬、血栓を溶かす薬、抗血栓薬など、症状に合わせて薬剤を選びます。それと同時に、高血圧や糖尿病、脂質異常症を発症しているのであれば、それらの病気を治療することが再発予防のカギとなります。

また、食生活の改善などでコレステロール値をコントロールすることも大切です。近年は、医療技術が進歩したため、脳梗塞の発作を起こしても、早めに医師の手当てを受けることで、一命を取りとめることができます。

脳梗塞とコレステロールの関係

コレステロールが血管壁に溜まると、脳の血流が止まり、血栓ができやすくなります。実際に、過去の統計からも、悪玉コレステロールが高ければ高いほど脳梗塞の発症率も高くなることが分かっています。そのため、脳梗塞を予防するには、悪玉コレステロールを低下させることがポイントとなります。
定期的に健康診断を受け、コレステロール値が高いことを指摘された場合、薬物治療や生活習慣の改善でコレステロール値をコントロールすることが大切です。また、EPAを摂取する方に脳梗塞の再発が少ないことも臨床試験で判明していますので、青魚やEPAを摂取するとよいでしょう。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲