• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

動脈硬化

このページでは、動脈硬化の詳しい症状や、予防や改善法をお伝えしています。

動脈硬化とは

動脈硬化は、動脈の血管壁が硬くなる、あるいは、厚くなることで血流が悪くなることです。

動脈硬化はさまざまな原因で発症しますが、コレステロールもその原因の一つと考えられています。
血中で悪玉コレステロールが増えると、悪玉コレステロールは酸化し、酸化悪玉コレステロールになります。

この酸化悪玉コレステロールが血管壁に溜まると、ブラークを形成します。
そして、血液の流れが悪くなり、プラークが何らかのきっかけで破れることで血栓ができてしまいます。この状態が続くと、動脈硬化がどんどん進行し、心筋梗塞や脳梗塞を起こすこともあります。

動脈硬化の原因は酸化悪玉コレステロールであるため、悪玉コレステロール値を低下させ、酸化悪玉コレステロールを減らすことが、動脈硬化の予防・改善へと繋がります。

放置してはいけない動脈硬化

動脈硬化を起こしても、自覚症状はあらわれないため、動脈硬化が進行しても気づかずに、ある日突然、脳梗塞や心筋梗塞を起こすケースも多くなっています。そのため、動脈硬化は「サイレントキラー」とも言われています。

日本人の死因の第1位はがん、第2位が心疾患、…第4位は脳疾患となっています。統計によると、4人に1人が心疾患および脳疾患が原因で死亡しています。そのため、動脈硬化は恐ろしい病気と言えます。

動脈硬化の予防・改善

統計によると、悪玉コレステロール値が低い人ほど、心疾患や脳疾患に罹患する確率は低いとのことです。そのため、血液検査を定期的に受け、自分の悪玉コレステロール値を把握するようにしましょう。もし、基準値より高いことを指摘された場合、医師から何らかの指導を受けることになります。

動脈硬を予防・改善するためには、まずは食事や運動などの生活習慣を改善することも大切です。生活習慣を改善してもコレステロール値が下がらない場合、医師の指導のもとで投薬治療が必要になります。

特に、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、慢性腎疾患、非心源性脳梗塞、抹消動脈疾患を発症している方は、悪玉コレステロール値が低くても、動脈硬化を発症しやすいため、注意が必要です。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲