• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

食事で効果UP

こちらのページでは、コレステロールを下げる食品とレシピを紹介するとともにサプリメントの上手な取り入れ方について解説します。

動物性脂肪を含む食品を控えめにする

動物性脂肪を多く含む飽和脂肪酸を摂り過ぎると血中のコレステロール値が高くなります。飽和脂肪酸が多い食品には、レバー、卵、ししゃも、たらこ、フォアグラなどの魚の卵、うなぎ、チーズ、バター、生クリームなどがあります。飽和脂肪酸を控えめにすることで、コレステロール値を下げることはできます。ただし、これらの食品には必要な栄養素も含まれているので、全く摂取しないのではなく、あくまでも適量を摂取することをおすすめします。

どれがおすすめ食品?

食事のイメージ画像DHAとEPAにはコレステロールを下げる作用がありますので、これらの成分を豊富に含むサンマ、イワシ,アジ,マグロ,ブリなどの青魚を摂取することをおすすめします。また、野菜、きのこ、海草類など食物繊維が豊富に含まれている食品も積極的に摂取するようにしましょう。
さらに、大豆、お茶、お酢などもコレステロールの吸収を抑制する作用があります。

それから、近年は、タウリンの血中コレステロール値を下げる作用が注目されています。タウリンはリパーゼなどの酵素の働きを強めます。
異化作用が促進され、胆汁酸の合成量が増加し、胆汁酸としてコレステロールが身体から排出されます。このタウリンという成分が含まれている食品には、アサリ、ホタテ、カツオといった魚介類があります。
その他、ポリフェノールには、抗酸化作用があり悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。ポリフェノールは、赤ワイン、カカオ、コーヒーなどに含まれています。 

コレステロール値を効率的に下げるならDHA・EPAサプリメント!

上記に上げた成分を摂取するには、食品を多く摂取したり、成分を壊さないように調理したりと手間がかかってしまいます。

そこで、コレステロール値をもっと効率的に下げるのにおすすめなのがDHA・EPAサプリメントというわけです。

それでは、サプリメントはいつ飲むのがいいのでしょうか?
DHAとEPAのサプリメントは食後に飲むことをおすすめします。というのは、食後は、身体が栄養を取り入れようとする作用が強くなるため、サプリメントから摂取した栄養素も吸収しやすくなるからです。

コレステロール値を正常に!おすすめ健康レシピ

鮭の蒸し焼き
●材料 (1人分)
鮭 (甘口)1切れ、にんじん 中1本、キャベツ少々、水30cc
1 ニンジンを小口大に切り、レンジで約2分ほど温めます。
2 キャベツは千切りにします。
3 フライパンの真ん中に鮭を、周りに野菜を移して、水を入れ、蓋をして中火にかけます。
4 途中で鮭を裏返して焼きます。鮭に十分に火が通れば完成です。好みにより塩コショウで味付けをします。

玉ねぎのポン酢和え
●材料 (2人分)
玉ねぎ1個、鰹節少々、ぽん酢大さじ4
1 玉ねぎを切り、ザルに入れ、水で流してもみ洗いをします。その後、水気をしっかり切ります。
2 玉ねぎを容器に移し、ぽん酢と鰹節をかければ出来上がりです。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲