• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

生活習慣で効果UP

こちらのページでは、生活習慣の改善でコレステロールを下げる方法について解説します。

飲酒は控えめに、タバコはやめることが大事

生活習慣のイメージ画像タバコは健康を害するものの代表となっていますが、コレステロール値を上げる原因ともなります。そのため、タバコを吸う習慣がある方はすぐにでも禁煙するようにしてください。
なお、アルコールには、善玉コレステロールを増加させる働きがありますが、過度な飲酒は逆に悪玉コレステロールを高くする原因となります。日本酒なら1合、ビールなら1本程度にとどめましょう。

コレステロール値が高いと指摘された方は、生活習慣の改善をはかることで、コレステロール値を下げることができるかもしれません。さらに、食後にDHA&EPAなど、コレステロール改善のためのサプリメントを摂取することで、さらに効果を上げることができるでしょう。

ストレスを溜めこまない

ストレスがたまると、抗ストレスホルモンが大量に分泌されるようになります。このホルモンはブドウ糖を血液中に送り込む作用があるため、中性脂肪と悪玉コレステロール増加に繋がります。

そのため、コレステロール値を下げるには、ストレスを溜めこまないことが大事です。打ち込める趣味をいくつか見つけたり、リラックスするなどして、ストレスを忘れられる時間を持つようにしましょう。

また、コレステロール値を下げるには運動することが有効ですが、運動のし過ぎにより、身体がストレスを感じ、コレステロールが増えてしまうこともあります。

食生活の改善と運動が基本

コレステロール値を下げるには、食生活を改善しながら、運動を取り入れることが基本となります。
コレステロールを多く含む食べ物を控えめにし、コレステロール値を下げる効果のあるものを積極的に食べるようにします。
ただし、コレステロールを含む食品には他の栄養素が豊富なものもありますので、全く摂取しないというのは良くありません。コレステロールは1日30mgまでであれば、摂取しても問題はなく、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ミネラル、ビタミンなどさまざまな栄養をバランスよく摂取することが大切です。

そして、食生活を改善しながら、ウォーキングなどの運動を取り入れることで、脂質の代謝がアップし、コレステロール値を下げることができます。特にポイントとなるなのがDHA・EPAを摂取すること。DHA・EPAを摂り、運動をすればより健康的な身体になるでしょう。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲