• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

タバコ・お酒

こちらのページでは、コレステロール値異常の原因の一つ「タバコ・お酒」について説明しています。

過度な飲酒と喫煙が高コレステロールを招く

お酒を適量だけ飲むことは健康に良いと言われていますが、過度な飲酒やタバコは、コレステロール値上昇の原因となります。そのため、コレステロール値を改善したいのであれば、適度な飲酒にとどめること、タバコをやめることをおすすめします。
こちらのページでは、飲酒やタバコがコレステロールにどう働きかけ、値を上昇させるのかについて解説していきます。

お酒とコレステロール

「酒は百薬の長」と言われており、適度に飲んでいる分には、コレステロール増加の原因となるストレスも解消でき、健康のためにもプラスに働きかけます。しかし、お酒を飲みすぎると、コレステロールも高くなってしまいます。そのため、お酒を飲みすぎる傾向にある方は、お酒を飲む量を控えたり、休肝日を設けることをおすすめします。
お酒を飲みすぎると、肝臓で中性脂肪が合成され、悪玉コレステロールも大量に生成されます。そのため、過度な飲酒は肝臓に負担をかけ肝機能を弱めることになります。お酒が原因でコレステロールが増加してしまった場合、お酒の量を控えるだけで、比較的短期間のうちにコレレステロール値を改善することができます。

喫煙とコレステロール

「タバコは百害あって一利なし」と言われており、コレステロールを上昇させる原因ともなっています。そのため、健康を維持するためにもタバコを吸う習慣がある方は禁煙することをおすすめします。
実際に、タバコが原因でコレステロール値が上昇し、動脈硬化を起こし、心臓や脳疾患を引き起こすケースも多くなっています。
タバコを吸い続けることで、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールや中性脂肪を増加させ、その結果、動脈硬化へとつながるのです。
その他、タバコは心臓に負担をかけるので、心筋梗塞などの心疾患を引き起こしやすくなり、タバコを吸わない方に比べて、虚血性心疾患を発生率が高くなっています。

毎日1~2本のタバコなら大丈夫と思っている方もいるようですが、1日たった数本のタバコも身体に悪影響を及ぼします。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲