• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

悪玉・善玉コレステロールって?

こちらのページでは善玉コレステロール、悪玉コレステロールについて解説します。

善玉コレステロールとは

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があります。
善玉コレステロールは、全身に存在する余分なコレステロールを肝臓へと運搬する「高比重リポタンパク」です。この善玉コレステロールはHDLコレステロールとも呼ばれており、動脈硬化を予防する働きがあります。
善玉コレステロールの基準値は、男性の場合、30〜80mg/dl、女性は40〜90mg/dlとなっています。善玉コレステロールの値が低すぎると、低HDLコレステロール血症となり、後述する悪玉コレステロールが増加する原因となります。

悪玉LDLコレステロールとは

悪玉コレステロールは、肝臓で生成されたコレステロールを各臓器に運搬する役割を果たします。低比重リボタンパクというたんぱく質と結びつく成分であるため、LDLコレステロールとも呼ばれます。
悪玉コレステロールの基準値は、男女共に60〜139mg/dlとなっています。通常は、リボタンパク質という形で、血液を通じて体内を巡りますが、悪玉コレステロールが血中で過剰になると動脈壁にこびりつき、動脈硬化の原因となります。そのため、悪玉コレステロールと言われています。

善玉と悪玉コレステロールはバランスよく存在することが大切

コレステロールは、細胞膜、胆汁酸、各種ホルモン、ビタミンDを作るためには必須のものであり、善玉コレステロールも悪玉コレステロールも身体にとってはなくてはならないものです。
善玉コレステロールと悪玉コレステロールはバランスよく存在し、それぞれの役割を果たすことが理想です。総コレステロールが高い場合、善玉コレステロールと悪玉コレステロール値を確認します。
そして、悪玉コレステロールが高い場合は、脂質異常症である可能性があるため、生活習慣の改善や投薬治療で正常値に近づけなければなりません。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲