• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

コレステロールと中性脂肪の違い

こちらのページでは、中性脂肪とコレステロールの違いについて解説します。

中性脂肪とは?

中性脂肪とは3種類の脂肪酸とグリセロールが結合することで生成される脂肪のことで、トリグリセリドとも呼ばれています。簡単に言えば、中性脂肪とは、身体に付いているぜい肉のことです。中性脂肪は脂肪分や炭水化物から作られ、生命維持のためになくてはならないものとなっています。身体を動かすと血中の糖分が使われますが、この糖分が不足した場合に中性脂肪が使われます。つまり、エネルギーを貯蔵する役目を果たしているのです。
また、寒いところにいるときは体温が下がりがちですが、一定の体温を維持するためにも中性脂肪が必要となり、外部からの衝撃の際にクッションとしての役割も果たします。このように、人間の身体に必要なものですが、中性脂肪が多すぎると肥満をはじめ様々な問題が生じてきます。

コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールも中性脂肪も脂肪であることには変わりありませんが、コレステロールは身体の構造を維持するために、中性脂肪は貯蔵庫として、それぞれ必要不可欠なものとなっています。
コレステロールは細胞膜の成分、性ホルモン、ステロイドホルモン、胆汁酸、ビタミンDを形成し、生命維持のために働きかけます。一方、中性脂肪は、食事から摂取した糖質、たんぱく質、脂質から余分な脂肪が肝臓をはじめとする体内組織に蓄積します。
中性脂肪は糖質や脂肪酸から合成されたもので、エネルギー不足になると、中性脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解されます。脂肪酸はさまざまな臓器にて、グリセロールは肝臓にてエネルギーとして使われます。

中性脂肪が増えすぎると

中性脂肪が増加し過ぎると、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加します。そして、中性脂肪と悪玉コレステロールが増加すると脂質異常症になります。脂質異常症も初期段階では自覚症状がないため、気づかぬうちに動脈硬化が進行してしまいます。そのため、血液検査を受けて、自分の中性脂肪値を知ることが大切です。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲