• 基礎からおさらい
  • 病気集
  • 女性とコレステロールの関係
  • おすすめ成分はこれ!
  • コレステロール値の救世主サプリ一覧
  • Q&A

そもそもコレステロールとは?

こちらのページでは、コレステロールの概要について解説します。

コレステロールとは?

コレステロールは、人間の生命維持に欠かせない脂質の一つで、細胞膜の形成、ビタミンDの合成などの役割を担っています。
コレステロールの70%は肝臓で合成され、残り30%程度は摂取した食事が小腸から吸収されることで作られます。
食事から過剰にコレステロールを摂ると、肝臓で作られるコレステロールを抑制し、体内量を調整します。
体内のコレステロールの50%程度が血中に、残りは肝臓、皮膚、髪、脳、神経、筋肉、脂肪に存在します。なお、脳内脂質の20~30%はコレステロールで占められているため、神経伝達、記憶などにもコレステロールは欠かせないものとなっています。

コレステロールはどんな働きをするの?

人間の身体は60兆個の細胞から形成されており、それぞれ細胞膜で覆われています。この細胞膜は細胞を保護し、外部から物質やエネルギーを受け取り、排出することを繰り返しています。そして、コレステロールは、タンパク質やリン脂質とともに細胞膜に存在し、細胞膜の流動を調節する役目を担っています。

コレステロールは、特に、脳と神経系に多く存在しますが、これは脳に500億~1兆個の神経細胞があるからです。そして、脳の情報を体内の他の部位に伝達するためにコレステロールを利用します。そして、コレステロールは、神経繊維を被い、脳の情報を体内の各部へと伝達します。
また、コレステロールは、副腎で合成される副腎皮質ホルモンの原料ともなります。例えば、男性ホルモンのアンドロゲン、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンなどが副腎皮質ホルモンです。

さらに、肝臓ではコレステロールから胆汁酸を生成し、脂肪を水に溶けやすくします。そして、膵臓から出た消化酵素リパーゼを活性化し、脂肪の消化吸収を助けます。
このコレステロールは過剰に存在しても、不足しても身体に悪い影響を及ぼします。

お魚が苦手な人でも摂りやすい! DHA・EPAを効率的に摂れるサプリ大特集 コレステロール値を改善したい人はコチラをチェック!
このページの先頭へ ▲